室温2.5度上げれば頻尿4割減 大学などの調査で証明

 寒い部屋で暮らすとトイレが近くなる―。そんな経験則を、産業医科大や北九州市立大(ともに同市)などの研究グループが5年間にわたる大規模調査で証明した。冬季に就寝前、室温を2・5度以上高くすると「過活動膀胱(ぼうこう)」の有病率が約4割減る傾向を確認。家が暖かいと血圧低下の効果があることも分かり、住宅の温度管理の必要性が注目を集めそうだ。

頻尿(ひんにょう)は、排尿回数が異常に多い症状のこと。 多尿は、尿の量そのものが多いことであり、頻尿と多尿は語義が異なる。 前立腺肥大症 過活動膀胱 尿路感染症 尿道腫瘍 水中毒 糖尿病 - 高浸透圧性多尿による頻尿がみられることがある。 服用した医薬品による副作用 など 検尿 尿沈渣・尿細胞診 超音波断層撮影
1キロバイト (147 語) - 2019年9月2日 (月) 12:28



(出典 www.kouraininjin.net)



【室温2.5度上げれば頻尿4割減 大学などの調査で証明】の続きを読む