成人の2割が罹患 “下戸の肝臓病”と呼ばれるNAFLDとは?

 肝炎から「肝硬変」や「肝がん」に進行する原因として、「肝炎ウイルスの感染(主にB型とC型)」や「大量の飲酒」がよく知られている。しかし、この両方に該当しないから「自分は大丈夫」と安心してはいけない。飲酒の習慣がなくても食生活が偏っていたり、肥満傾向(メタボ)があると、アルコールの過剰摂取と同じように肝機能障害を起こすからだ。

成人の2割が罹患 “下戸の肝臓病”と呼ばれるNAFLDとは? 成人の2割が罹患 “下戸の肝臓病”と呼ばれるNAFLDとは?
…いのに起こる脂肪肝を『非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD=ナッフルド)』と呼びます」 NAFLDは成人の2割ほどいると推定されていて、うち10~2…
(出典:ヘルス(日刊ゲンダイDIGITAL))


非アルコール性脂肪性肝疾患 (NAFLDからのリダイレクト)
non-alcoholic fatty liver disease, NAFLD)とは、脂肪肝の原因のひとつであり、アルコール依存症以外の原因によって肝臓に脂肪が蓄積している (脂肪変性) 場合に生じる。NAFLD は先進国で最も頻度の高い肝障害である。 NAFLD の最も極端な形態が 非アルコール性脂肪性肝炎 (non-alcoholic
5キロバイト (574 語) - 2019年12月11日 (水) 12:57



(出典 www.jsge.or.jp)



【成人の2割が罹患 “下戸の肝臓病”と呼ばれるNAFLDとは?】の続きを読む