正月明けに寝苦しさや寝起き後の疲れが…夜間低血糖を疑え 突然死や骨折のリスク増


正月明けに寝苦しさや寝起き後の疲れが…夜間低血糖を疑え 突然死や骨折のリスク増 正月明けに寝苦しさや寝起き後の疲れが…夜間低血糖を疑え 突然死や骨折のリスク増
…疲労感があり、頭痛や肩こりがひどい。そんな人は「夜間低血糖」を疑った方がいいかもしれない。夜間低血糖は心臓突然死や骨折などのリスクを高めることもわかっ…
(出典:ヘルス(日刊ゲンダイDIGITAL))


極度に食事を摂らなかったり、糖尿病の薬を飲みすぎたり、特別な病気があると低血糖症を引き起こしやすい。また、これらの状態で激しい運動を行った時には、低血糖症がより起こりやすくなる。 人体には低血糖に対し数段階の回避システムが用意されている。 血糖値が約80 mg/dLを下回ると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌が極端に低下する。
15キロバイト (2,245 語) - 2019年12月20日 (金) 08:53



(出典 www.abovo-inc.com)



【正月明けに寝苦しさや寝起き後の疲れが…夜間低血糖を疑え 突然死や骨折のリスク増】の続きを読む