アウトドアガールの夢

大自然の中で眩い光のプリズムを浴びながら
アウトドアライフを楽しんでいます。
ヨロシクねー!

    産科・婦人科系の病気

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    不妊の半数は男性が原因 治療法は進展、簡易の検査も

    不妊治療を受ける人が増えている。治療が始まると負担は女性側にのしかかり、キャリアへの影響も大きい。男性が生殖能力を知る機会は女性より少ないが、男性不妊に目を向けるのも大切だ。早い時期から男女で一緒に取り組むことが時間や費用、心身にかかる負担の軽減につながりそうだ。

    不妊の半数は男性が原因 治療法は進展、簡易の検査も 不妊の半数は男性が原因 治療法は進展、簡易の検査も
    …不妊治療を受ける人が増えている。治療が始まると負担は女性側にのしかかり、キャリアへの影響も大きい。男性が生殖能力を知る機会は女性より少ないが、男性不妊…
    (出典:ヘルス(NIKKEI STYLE))


    不妊(ふにん)とは、自然な状態で妊娠に至れないか、妊娠を一定期間以上維持することができない状態を指す。WHO、日本産科婦人科学会ともに、「1年以内に妊娠に至れない状態」と定義している。この項では主に女性の不妊症について述べる。男性の精子や性器などが原因の不妊症については「男性不妊症」または「性機能障害」を参照。
    40キロバイト (6,610 語) - 2019年12月8日 (日) 13:17



    (出典 nurseful.jp)



    【不妊の半数は男性が原因 治療法は進展、簡易の検査も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「子宮筋腫」で生理がつらい…知っておきたい4つの治療法

    「生理の出血量が多い」「生理が10日以上続く」「生理の時にレバーのような血の塊がたくさん出る」「不正出血がある」「生理の時の下腹部痛や腰痛などがひどい」……。これらは、女性特有の病気の中で最も患者数が多い子宮筋腫に見られる症状だ。もし妻や恋人が子宮筋腫なら、どういう治療があるのか?

     子宮筋腫とは、女性の子宮の筋肉にできる良性腫瘍で、35歳以上の20~30%、40歳以上で40~50%に見られる。症状がなく経過観察でOKの人もいれば、治療をすぐ受けるべき人もいる。

    「子宮筋腫」で生理がつらい…知っておきたい4つの治療法 「子宮筋腫」で生理がつらい…知っておきたい4つの治療法
    …有の病気の中で最も患者数が多い子宮筋腫に見られる症状だ。もし妻や恋人が子宮筋腫なら、どういう治療があるのか? 子宮筋腫とは、女性の子宮の筋肉にできる良…
    (出典:ヘルス(日刊ゲンダイDIGITAL))


    子宮壁を構成する3つの層における存在部位によって、粘膜下筋腫子宮の内側(子宮腔)寄り)、筋層内筋腫子宮壁の肉の中)、漿膜下筋腫子宮の外側寄り)に分類される。また、子宮頸部の位置にできるものは頸部筋腫と呼ばれる。半数以上の子宮筋腫が多発性(複数の塊が発生する)である。 子宮筋腫
    8キロバイト (1,136 語) - 2018年11月7日 (水) 06:27



    (出典 www.nhk.or.jp)



    【「子宮筋腫」で生理がつらい…知っておきたい4つの治療法】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    上沼恵美子さんも!?「旦那がいると具合が悪くなる…」それって夫源病かも


    上沼恵美子さんも!?「旦那がいると具合が悪くなる…」それって夫源病かも 上沼恵美子さんも!?「旦那がいると具合が悪くなる…」それって夫源病かも
    …れば当然夫源病にもなります。ほどよく距離を取り、旦那をは変わらないものと思うと楽になります。参照:(※1)男性更年期 夫源病 石蔵文信『夫源病とは?』…
    (出典:ライフ総合(LIMO))


    夫源病(ふげんびょう)とは、の言動が原因で妻がストレスを感じ、溜まったストレスにより妻の心身に生じる様々な不定愁訴を主訴とする疾病概念で、医学的な病名では無い。 類似の概念として主人在宅ストレス症候群がある。の休日になると妻のメンタルヘルスや体調が悪化する。熟年離婚の大きな原因とされ増加傾向にあ
    7キロバイト (1,009 語) - 2019年6月12日 (水) 10:49



    (出典 gohongi-clinic.com)



    【上沼恵美子さんも!?「旦那がいると具合が悪くなる…」それって夫源病かも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    不妊症治療 子宮内膜の再生促し「着床不全」改善へ ここまで進んだ最新治療


    不妊(ふにん)とは、自然な状態で妊娠に至れないか、妊娠を一定期間以上維持することができない状態を指す。WHO、日本産科婦人科学会ともに、「1年以内に妊娠に至れない状態」と定義している。この項では主に女性の不妊症について述べる。男性の精子や性器などが原因の不妊症については「男性不妊症」または「性機能障害」を参照。
    40キロバイト (6,610 語) - 2019年12月8日 (日) 13:17



    (出典 www.dr-aoki.com)



    【不妊症治療 子宮内膜の再生促し「着床不全」改善へ ここまで進んだ最新治療】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    子宮内膜症、子宮筋腫 ホルモン剤で悪化を防ぐ選択肢も


    子宮内膜症(しきゅうないまくしょう、英: Endometriosis)は、子宮内膜やそれに類似した組織が子宮内腔や子宮体部以外の骨盤内で増殖する疾患。 子宮内膜子宮外で増殖する疾患である。良性の疾患ではあるが、転移や浸潤するなど悪性腫瘍のような性質も併せ持っている。子宮外にあるとはいえ子宮内膜
    11キロバイト (1,451 語) - 2018年9月29日 (土) 03:15



    (出典 blogmasaki-ph.cocolog-nifty.com)



    【子宮内膜症、子宮筋腫 ホルモン剤で悪化を防ぐ選択肢も】の続きを読む

    このページのトップヘ