脳腫瘍による視力低下 発症の仕組みは視神経の折れ曲がり 群大研究グループが解明


脳腫瘍(のうしゅよう、Brain tumor)とは、脳の疾病のひとつで、頭蓋内組織に発生する新生物(腫瘍)のことを意味する。すなわち、脳腫瘍は脳細胞だけでなく、硬膜、クモ膜、頭蓋内の血管や末梢神経、その他の頭蓋内に存在するあらゆる組織から発生する。発生頻度は毎年約100
22キロバイト (3,367 語) - 2019年12月8日 (日) 14:59



(出典 www.tokudai-ganrenkei.jp)



【脳腫瘍による視力低下 発症の仕組みは視神経の折れ曲がり 群大研究グループが解明】の続きを読む