がん化抑える遺伝子変異 潰瘍性大腸炎で発見 京大・東大


がん化抑える遺伝子変異 潰瘍性大腸炎で発見 京大・東大
腹痛や下痢、発熱などが特徴の潰瘍性大腸炎は長く続くと遺伝子の変異が蓄積され、大腸がんを発症しやすくなることが知られるが、がん化を抑える働きをする遺伝…
(出典:社会(時事通信))


潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん、英: Ulcerative colitis、略: UC)は、主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症疾患。クローン病(CD: Crohn's disease)とともに炎症腸疾患(IBD: Inflammatory bowel disease)に分類される。
31キロバイト (4,667 語) - 2019年11月15日 (金) 03:28



(出典 )



【がん化抑える遺伝子変異 潰瘍性大腸炎で発見 京大・東大】の続きを読む