【感染症ニュース】溶連菌感染症(A群溶血性レンサ球菌咽頭炎) 12月に入り大幅に増加 夏の流行のピークをも上回る大きな流行に 十分注意が必要


【感染症ニュース】溶連菌感染症(A群溶血性レンサ球菌咽頭炎) 12月に入り大幅に増加 夏の流行のピークをも上回る大きな流行に 十分注意が必要 【感染症ニュース】溶連菌感染症(A群溶血性レンサ球菌咽頭炎) 12月に入り大幅に増加 夏の流行のピークをも上回る大きな流行に 十分注意が必要
…阻止するための対策が必要です。 溶連菌感染症の症状が疑われる場合は、速やかにかかりつけ医を受診しましょう。溶連菌感染症と診断され、抗菌薬が処方された場…
(出典:ヘルス(感染症・予防接種ナビ))


化膿レンサ球菌は、環境中に広く常在するグラム陽性の球菌ひとつであり、通性嫌気性菌である。感染様式は飛沫感染である。 溶連菌感染によって起こる病気には、溶連菌がヒトの組織を直接破壊すること、あるいは生きた溶連菌に対する免疫反応によって症状が発現する急性感染症と、溶連菌の産生する毒素によって惹き起こされる毒素性疾患がある。また、
13キロバイト (2,048 語) - 2019年8月24日 (土) 15:09



(出典 kunichika-naika.com)



【【感染症ニュース】溶連菌感染症(A群溶血性レンサ球菌咽頭炎) 12月に入り大幅に増加 夏の流行のピークをも上回る大きな流行に 十分注意が必要】の続きを読む