肝臓がんは九州沖縄が中心 がん患者の分布が偏る地域性の理由


肝臓がんは九州沖縄が中心 がん患者の分布が偏る地域性の理由 肝臓がんは九州沖縄が中心 がん患者の分布が偏る地域性の理由
…患者の分布には地域性が関係しているのです。 肝臓がんの7割は、C型肝炎ウイルスの感染で、その感染者が九州を中心に西日本に多く、福岡や長崎、大分なども高…
(出典:ヘルス(日刊ゲンダイDIGITAL))


肝癌 (肝臓がんからのリダイレクト)
肝癌(かんがん、英: Liver cancer)は、肝臓に発生した悪性腫瘍の総称である。 大きくは肝臓が発生元である原発性肝癌と、他臓器で発生したがん肝臓に転移した転移性肝癌の2つに分けられる。原発性肝癌はさらに組織型によって分類される。 原発性肝癌の大部分は肝細胞癌 (hepatocellular
5キロバイト (596 語) - 2019年12月4日 (水) 09:32



(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



【肝臓がんは九州沖縄が中心 がん患者の分布が偏る地域性の理由】の続きを読む