ブラックチャックの病レポート

『ブラックチャックの病レポート』はまとめブログです。 世の中の病気にまつわる話や自分のかかった病気の体験談などを画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

    カテゴリ: 甲状腺・ホルモン系の病気

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    更年期の不調も尿もれも晴れやかに。永田京子さんの「ちぇぶら体操」で身体スッキリ〈dot.〉


    更年期の不調も尿もれも晴れやかに。永田京子さんの「ちぇぶら体操」で身体スッキリ〈dot.〉 更年期の不調も尿もれも晴れやかに。永田京子さんの「ちぇぶら体操」で身体スッキリ〈dot.〉
    …、更年期トータルケアインストラクターの永田京子さん。永田さん考案の「ちぇぶら体操」を紹介します。■更年期トータルケアインストラクター考案の体操 自身が…
    (出典:ヘルス(AERA dot.))



    (出典 nagatakyoko.com)



    【更年期の不調も尿もれも晴れやかに。永田京子さんの「ちぇぶら体操」で身体スッキリ〈dot.〉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    骨粗鬆症予防 閉経後にカルシウムは効果薄…女性を救うのはあの伝統食!?


    骨粗鬆症(こつそしょうしょう骨粗しょう症、osteoporosis)とは、後天的に発生した密度の低下または骨質の劣化により強度が低下し、骨折しやすくなる疾患あるいはその状態を指す。 骨粗しょう症のほとんどを占める老化に伴う原発性骨粗鬆症と、続発性骨粗鬆症とがある。後者は疾患、特にステロイドの様
    46キロバイト (7,623 語) - 2019年8月27日 (火) 08:23



    (出典 aramaki-seikei.com)



    【骨粗鬆症予防 閉経後にカルシウムは効果薄…女性を救うのはあの伝統食!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    この症状は更年期? 実は甲状腺ホルモンが原因かも


    この症状は更年期? 実は甲状腺ホルモンが原因かも この症状は更年期? 実は甲状腺ホルモンが原因かも
    …心身に多様な不調があり、医者通いをしてもなかなかよくならない……。そんな「不定愁訴」は女性ホルモンの仕業と思いがちだが、実は甲状腺に原因がある場合も。症状…
    (出典:ヘルス(日経ARIA))


    甲状腺ホルモン (サイロイドホルモン、Thyroid hormone) とは、甲状腺から分泌され、一般に全身の細胞に作用して細胞の代謝率を上昇させる働きをもつ、アミノ酸誘導体のホルモンのこと。 甲状腺ホルモンの作用は、甲状腺ホルモン受容体蛋白質を介して起こると考えられている。そして、甲状腺ホルモン
    7キロバイト (1,056 語) - 2018年7月2日 (月) 12:58



    (出典 patients.eisai.jp)



    【この症状は更年期? 実は甲状腺ホルモンが原因かも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【更年期】何歳から?いつからいつまで不調は続く?


    【更年期】何歳から?いつからいつまで不調は続く? 【更年期】何歳から?いつからいつまで不調は続く?
    …の分泌が減り、更年期の前段階ともいえる「プレ更年期」へと進んでいくのです。更年期はいつから何歳まで続く? プレ・ポスト更年期とは?更年期には個人差があ…
    (出典:ヘルス(ハルメクWEB))


    更年期障害が発生する。男性の場合はLOH症候群と呼ばれる。 本頁では、女性の更年期障害について説明する。 女性の更年期に見られる器質的原因に寄らない多種多様の症状を更年期症状と呼び、その中で生活に支障を来たす程度のものを更年期障害と定義される。更年期は、日本では閉経の前後5年の合計10年間を指す。
    15キロバイト (1,883 語) - 2019年3月7日 (木) 07:45



    (出典 rubina.jp)



    【【更年期】何歳から?いつからいつまで不調は続く?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    男性更年期障害「朝立ち」はムスコからの大切なメッセージ【90歳現役医師 最強の体調管理】


    男性更年期障害「朝立ち」はムスコからの大切なメッセージ【90歳現役医師 最強の体調管理】 男性更年期障害「朝立ち」はムスコからの大切なメッセージ【90歳現役医師 最強の体調管理】
    …こで、まったく「朝立ち」がないとしたら、それはテストステロン低下による男性更年期障害が進んでいる可能性がある。「朝立ちは、医学的には『モーニングエレク…
    (出典:ヘルス(日刊ゲンダイDIGITAL))


    男性更年期と呼ばれるが、女性の更年期ほどには急激にホルモン分泌は変化せず、身体や精神に与える影響も個人差が大きい。ストレスなどで急激な減少を起こすと、男性更年期障害を起こす。テストステロンの減少率は個人差が大きく、70代になっても、30代の平均値に匹敵するテストステロン値を維持している男性
    10キロバイト (1,431 語) - 2019年12月4日 (水) 06:08



    (出典 www.ikanpo.jp)



    【男性更年期障害「朝立ち」はムスコからの大切なメッセージ【90歳現役医師 最強の体調管理】】の続きを読む

    このページのトップヘ