アウトドアガールの夢

大自然の中で眩い光のプリズムを浴びながら
アウトドアライフを楽しんでいます。
ヨロシクねー!

    アレルギー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    2020年の花粉飛散量は例年より少ない見込み ~日本気象協会が予測発表

     日本気象協会は、2020年春の花粉飛散予測(第3報)を発表した。スギ花粉の飛散開始時期、飛散量、各地のピーク予測などを発表している。

    花粉が抗原となる場合が多い(スギ花粉による花粉症についてはスギ花粉症参照)。 公害とみなす動きもある(詳細は花粉症の原因の節を参照)。 枯草熱も医薬品等の効能に表記される医学(医療)用語であるが、この記事では花粉症で統一する。ただし、hay fever = 枯草熱、pollinosis = 花粉
    107キロバイト (17,561 語) - 2019年11月4日 (月) 04:16



    (出典 upload.wikimedia.org)



    【2020年の花粉飛散量は例年より少ない見込み ~日本気象協会が予測発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    花粉症の人に朗報!最新研究でわかった「酢酸菌」の可能性


    花粉症の人に朗報!最新研究でわかった「酢酸菌」の可能性 花粉症の人に朗報!最新研究でわかった「酢酸菌」の可能性
    …や国民病ともいえる「花粉症」。特に季節を問わずに花粉が飛散し、種類も量も圧倒的に多いのが関東エリアで、都内では2人に1人が花粉症ともいわれている。先日…
    (出典:ライフ総合(TOKYO HEADLINE WEB))


    花粉が抗原となる場合が多い(スギ花粉による花粉症についてはスギ花粉症参照)。 公害とみなす動きもある(詳細は花粉症の原因の節を参照)。 枯草熱も医薬品等の効能に表記される医学(医療)用語であるが、この記事では花粉症で統一する。ただし、hay fever = 枯草熱、pollinosis = 花粉症
    107キロバイト (17,561 語) - 2019年11月4日 (月) 04:16



    (出典 dime.jp)



    【花粉症の人に朗報!最新研究でわかった「酢酸菌」の可能性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    まもなく花粉飛散開始!つらい花粉症を劇的におさえるアレルゲン免疫療法とは?〈dot.〉


    アレルゲン免疫療法アレルゲンめんえきりょうほう、英: allergen immunotherapy)は、患者にアレルゲンエキスを投与し、免疫寛容へと誘導することを目標とした、アレルギー性過敏症の免疫療法の一形態である。減感作療法(げんかんさりょうほう、英: hyposensitization
    27キロバイト (3,549 語) - 2019年8月6日 (火) 05:14



    (出典 www.torii-alg.jp)



    【まもなく花粉飛散開始!つらい花粉症を劇的におさえるアレルゲン免疫療法とは?〈dot.〉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『花粉症』についてTwitterの反応


    「花粉症」を引き起こす抗体のはなし - ダイヤモンド・オンライン
    「花粉症」を引き起こす抗体のはなし  ダイヤモンド・オンライン
    (出典:ダイヤモンド・オンライン)


    花粉が抗原となる場合が多い(スギ花粉による花粉症についてはスギ花粉症参照)。 公害とみなす動きもある(詳細は花粉症の原因の節を参照)。 枯草熱も医薬品等の効能に表記される医学(医療)用語であるが、この記事では花粉症で統一する。ただし、hay fever = 枯草熱、pollinosis = 花粉症
    107キロバイト (17,561 語) - 2019年11月4日 (月) 04:16



    (出典 yokohama.rehabilitation.pro)



    【「花粉症」を引き起こす抗体のはなし】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「エピペン」に代わる錠剤投与で食物アレルギー患者を注射器から解放


    「エピペン」に代わる錠剤投与で食物アレルギー患者を注射器から解放 「エピペン」に代わる錠剤投与で食物アレルギー患者を注射器から解放
    …効な治療薬はエピネフリンのみ。一刻も早い応急処置が必要だが、現状では「エピペン」と呼ばれる注射器での自己注射以外に方法がなく、子供や注射針が怖い患者に…
    (出典:国際総合(ニューズウィーク日本版))


    エピペン(EpiPen)とは、ハチ刺傷、食物アレルギーなどによるアナフィラキシーに対する緊急補助治療に使用される医薬品(注射薬)である。アナフィラキシーを起こす可能性の高い患者が常備することで、発症の際に医療機関へ搬送されるまでの症状悪化防止に役立つ。薬効分類名は「アナフィラキシー補助治療剤」、製剤
    9キロバイト (1,271 語) - 2019年11月30日 (土) 05:56



    (出典 www.ayumi-clinic.com)



    【「エピペン」に代わる錠剤投与で食物アレルギー患者を注射器から解放】の続きを読む

    このページのトップヘ