ブラックチャックの病レポート

『ブラックチャックの病レポート』はまとめブログです。 世の中の病気にまつわる話や自分のかかった病気の体験談などを画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

    カテゴリ:頭・脳の病気 > 認知症

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    認知症はいつか撲滅する!? 今すぐ実践! 人生100年時代を幸せに生きる方法〈dot.〉

    今回は、人生100年時代を幸せに生きる方法を教えます。すぐに実践できる内容ですので、大切な家族や友人、もちろん自分のためにも、ぜひ、お読みください。

    *  *  *
     皆さんの頭の中にある脳には表面部分と中心部分があります。

     表面は萎縮するなど弱く、逆に喜怒哀楽をつかさどる脳の中心部分は強くできています。この中心部分を活性化させることで認知機能や周辺症状、感情を安定させる「非薬物療法」も認知症の治療法としてあります。

    認知症(にんちしょう、英: Dementia、独: Demenz)は認知障害の一種であり、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態である。認知症は犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶
    83キロバイト (12,504 語) - 2019年12月18日 (水) 13:27



    (出典 www.my-kaigo.com)



    【認知症はいつか撲滅する!? 今すぐ実践! 人生100年時代を幸せに生きる方法〈dot.〉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    米国に危機をもたらすアルツハイマー病 予防の鍵は健康的な生活


    アルツハイマー病アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)とは、脳が萎縮していく病気である。アルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Major Neurocognitive Disorder Due to Alzheimer's
    93キロバイト (14,693 語) - 2020年1月1日 (水) 01:21



    (出典 www.sankei.com)



    【米国に危機をもたらすアルツハイマー病 予防の鍵は健康的な生活】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「睡眠薬を飲みすぎると認知症になる」は本当か? その実例


    「睡眠薬を飲みすぎると認知症になる」は本当か? その実例 「睡眠薬を飲みすぎると認知症になる」は本当か? その実例
    …としては、睡眠薬が認知症の引き金になったと思っています」(若井さん) 眠れないからと、ついつい軽い気持ちで睡眠薬に手を出したばかりに、認知症を発症する…
    (出典:ヘルス(現代ビジネス))


    睡眠薬(すいみんやく、Hypnotic、Soporific、Sleeping pill)とは、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物である。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用がある。眠剤、睡眠導入剤、催眠薬とも呼ばれる。多くは国際条約上、乱用の危険性のある薬物に該当する。
    65キロバイト (8,640 語) - 2019年11月4日 (月) 10:13



    (出典 kenkouiji.info)



    【「睡眠薬を飲みすぎると認知症になる」は本当か? その実例】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?〈dot.〉


    「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?〈dot.〉 「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?〈dot.〉
    …ることも多いです。■軽度認知障害(MCI)と認知症の大きな違いは 超高齢化社会の現在、65歳以上の高齢者の4人に1人は軽度認知障害(MCI)もしくは認…
    (出典:ヘルス(AERA dot.))


    軽度認知障害(けいどにんちしょうがい、Mild Cognitive Impairment:MCI)とは、正常老化過程で予想されるよりも認知機能が低下しているが、認知症とはいえない状態。認知症の前段階にあたるが、認知機能低下よりも記憶機能低下が主兆候となる。主観的・客観的に記憶障害
    1キロバイト (187 語) - 2017年6月6日 (火) 23:37



    (出典 www.nhk.or.jp)



    【「認知症は病名ではない!?」 軽度認知障害と認知症の大きな違いとは?〈dot.〉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    高負荷の運動で高齢者の記憶力が改善 認知症予防に効果が期待


    認知症(にんちしょう、英: Dementia、独: Demenz)は認知障害の一種であり、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態である。認知症は犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶
    83キロバイト (12,504 語) - 2019年12月18日 (水) 13:27



    (出典 www.dm-net.co.jp)



    【高負荷の運動で高齢者の記憶力が改善 認知症予防に効果が期待】の続きを読む

    このページのトップヘ