ブラックチャックの病レポート

『ブラックチャックの病レポート』はまとめブログです。 世の中の病気にまつわる話や自分のかかった病気の体験談などを画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

    カテゴリ: 薬の話

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    悪夢の耐性菌、国内にじわり 感染症発症後は薬ほぼ無効


    「子どもの風邪」抗ヒスタミン薬の使用に注意 けいれんが起きることも 「子どもの風邪」抗ヒスタミン薬の使用に注意 けいれんが起きることも
    …かし、抗菌薬(抗生物質)は効きません。頻繁に服用すると、抗菌薬の効かない耐性菌を生む弊害があるので要注意です。抗ヒスタミン薬は脳の機能を抑制する作用が…
    (出典:科学(読売新聞(ヨミドクター)))


    院内感染対策サーベイランス 薬剤耐性菌 判定基準(Ver.3.2) (PDF) 厚生労働省(2019年1月) ^ 多剤耐性菌関連 III.どのような薬剤感受性を示すが要注意か 日本臨床微生物学会 抗微生物薬耐性 かしこく治して、明日につなぐ AMR対策 - 国立国際医療研究センター(厚生労働省委託事業) 薬剤耐性(AMR)対策について
    33キロバイト (5,286 語) - 2019年12月12日 (木) 04:29



    (出典 www.gov-online.go.jp)



    【悪夢の耐性菌、国内にじわり 感染症発症後は薬ほぼ無効】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    抗がん剤の吐き気抑える新治療法 国立がん研などが開発


    抗がん剤の吐き気抑える新治療法 国立がん研などが開発 抗がん剤の吐き気抑える新治療法 国立がん研などが開発
    …ジーに掲載される。 抗がん剤治療の後、半数以上の患者が吐き気や嘔吐を経験するという。数日にわたり車酔いのような状態が続く抗がん剤もある。副作用が強いと…
    (出典:社会(朝日新聞デジタル))


    抗がん剤(こうがんざい、英語: Anticancer drug)とは、悪性腫瘍(がん)の増殖を抑えることを目的とした薬剤である。抗癌剤、制癌剤とも。がんの三大治療である手術、化学療法、放射線療法のうち化学療法に入る。 抗がん剤を用いた療法は、「化学療法」に分類されている。 抗がん剤
    34キロバイト (4,778 語) - 2019年11月2日 (土) 05:42



    (出典 hot-acu.com)



    【抗がん剤の吐き気抑える新治療法 国立がん研などが開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    市販の便秘薬と下痢止め薬に潜む危険と正しい使い方


    市販の便秘薬と下痢止め薬に潜む危険と正しい使い方 市販の便秘薬と下痢止め薬に潜む危険と正しい使い方
    …えて使うと、症状は治まるどころか悪化することにもなりかねない。便秘薬と下痢止め薬、その正しい使い方を聞いた。◆依存は厳禁。適度に使って出す 即効性が癖…
    (出典:ライフ総合(NEWS ポストセブン))


    止瀉(ししゃやく)とは、いわゆる下痢止めのことである。急性下痢症では下痢が毒素を排出する重要な現象なのでみだりに止瀉をもちいるのは好ましくはないが、毒素がないのに下痢がおこり患者が苦しんでいる場合は積極的に用いるべきである。激しい下痢では電解質代謝異常や脱水症状がおこるので抗菌、輸液、食事もあわせて考えるべきである。
    1キロバイト (175 語) - 2017年11月16日 (木) 03:46



    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)



    【市販の便秘薬と下痢止め薬に潜む危険と正しい使い方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「血液サラサラ」薬やサプリに要注意、併用が原因で緊急入院の例も


    「血液サラサラ」薬やサプリに要注意、併用が原因で緊急入院の例も 「血液サラサラ」薬やサプリに要注意、併用が原因で緊急入院の例も
    …切な血管が再度詰まらないように「血液サラサラ薬」──抗血栓薬や抗凝固薬を処方されることが多い。 その際、血液サラサラ傾向、つまり出血傾向を助長する可能…
    (出典:社会(ダイヤモンド・オンライン))


    血液サラサラ(けつえきサラサラ)とは、健康的な血液の流動性のイメージを期待できるとして、2000年ごろからメディアに頻繁に登場した表現、またはキャッチコピーである。従来、高脂血症(脂質異常症)ではないような血液の状態を印象付けるような言葉として用いられてきたが、後に人工の毛細血管のモデルを通過しや
    18キロバイト (2,594 語) - 2019年9月13日 (金) 13:52



    (出典 www.nhk.or.jp)


    抗血栓薬

    (出典 Youtube)



    【「血液サラサラ」薬やサプリに要注意、併用が原因で緊急入院の例も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    高齢者にリスク高い薬、80代処方ピーク 睡眠・抗不安


    高齢者にリスク高い薬、80代処方ピーク 睡眠・抗不安 高齢者にリスク高い薬、80代処方ピーク 睡眠・抗不安
    のみ続けると転倒や骨折、認知機能の低下を招きやすいとして、高齢者はできるだけ使用を控えるべきだとされている睡眠薬や抗不安薬が65歳以上に多く処方され、ピークは8…
    (出典:社会(朝日新聞デジタル))


    睡眠薬(すいみんやく、Hypnotic、Soporific、Sleeping pill)とは、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物である。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用がある。眠剤、睡眠導入剤、催眠薬とも呼ばれる。多くは国際条約上、乱用の危険性のある薬物に該当する。
    65キロバイト (8,640 語) - 2019年11月4日 (月) 10:13



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    【高齢者にリスク高い薬、80代処方ピーク 睡眠・抗不安】の続きを読む

    このページのトップヘ