ブラックチャックの病レポート

『ブラックチャックの病レポート』はまとめブログです。 世の中の病気にまつわる話や自分のかかった病気の体験談などを画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

    カテゴリ: 薬の話

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    風邪で熱が出た時、解熱剤を飲むメリット・デメリットは? 医師に聞いた


    風邪で熱が出た時、解熱剤を飲むメリット・デメリットは? 医師に聞いた 風邪で熱が出た時、解熱剤を飲むメリット・デメリットは? 医師に聞いた
    … 風邪をひいて熱があります。解熱剤は飲んでよいですか?A.高熱のときは必要に応じて飲んでOK「風邪で熱があっても、解熱剤は飲まないほうがいい」とよく言…
    (出典:社会(高校生新聞オンライン))


    解熱薬(げねつやく、英:Antipyretics)は、発熱を弱める物質である。 多くの解熱薬は他の用途がある。最も一般的なイブプロフェンとアスピリンはどちらも主に鎮痛剤に使われる。非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)には、解熱、抗炎症、鎮痛作用がある。 発熱には、感染症に対する身体の免疫系の反応の
    7キロバイト (876 語) - 2016年11月29日 (火) 09:37



    (出典 xn--u9j4g9d4aa6gy111afytpi5f.com)



    【風邪で熱が出た時、解熱剤を飲むメリット・デメリットは? 医師に聞いた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    薬を飲んだ後の死亡例 かんたんな調べ方を薬剤師がガイド


    副作用 (ふくさよう、英: side effect) とは、医薬品の使用に伴って生じた治療目的に沿わない作用全般を指す。狭義には、医薬品の使用に伴って発現した好ましくないできごとのうち当該医薬品との因果関係が否定できないものを指す。この好ましくない作用を厳密に指す場合には、薬物有害反応(英: adverse
    17キロバイト (2,659 語) - 2019年12月2日 (月) 10:56



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    【薬を飲んだ後の死亡例 かんたんな調べ方を薬剤師がガイド】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「子どもの風邪」抗ヒスタミン薬の使用に注意 けいれんが起きることも


    「子どもの風邪」抗ヒスタミン薬の使用に注意 けいれんが起きることも 「子どもの風邪」抗ヒスタミン薬の使用に注意 けいれんが起きることも
    …ない耐性菌を生む弊害があるので要注意です。抗ヒスタミン薬は脳の機能を抑制する作用があります。子供ではけいれんが起きやすくなることがあり、注意が必要です…
    (出典:科学(読売新聞(ヨミドクター)))


    抗ヒスタミン薬(こうヒスタミンやく、Antihistamine)は、ヒスタミンの作用を抑制する薬品である。特にヒスタミンH1受容体拮抗を指す。抗ヒ剤と略称することもある。鼻水といったアレルギー症状や、酔い止めの成分として知られ、花粉症のや総合感冒にも含まれる。 抗ヒスタミン薬ヒスタミン
    15キロバイト (2,199 語) - 2019年9月2日 (月) 11:47



    (出典 pds.exblog.jp)



    【「子どもの風邪」抗ヒスタミン薬の使用に注意 けいれんが起きることも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    風邪で抗生物質が処方されるのはどんなとき?早く治るの? 医師に聞いた


    抗生物質(こうせいぶっしつ(正しくは こう・せいぶつしつ)、英語: antibiotics)とは「微生物が産生し、ほかの微生物の発育を阻害する物質」と定義される。広義には、「微生物が産生」したものを化学修飾したり人工的に合成された抗菌剤、腫瘍細胞のような「ほかの微生物
    19キロバイト (2,566 語) - 2019年11月14日 (木) 10:55



    (出典 pbs.twimg.com)



    【風邪で抗生物質が処方されるのはどんなとき?早く治るの? 医師に聞いた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    糖尿病女性は42%も発症抑制 低用量アスピリンの認知症予防効果は本物か


    糖尿病女性は42%も発症抑制 低用量アスピリンの認知症予防効果は本物か 糖尿病女性は42%も発症抑制 低用量アスピリンの認知症予防効果は本物か
    …128人が認知症を発症。男女別に低用量アスピリンの有無で分析したところ、低用量アスピリンを服用した女性は、服用していない女性に比べ、認知症発症率が有意…
    (出典:ヘルス(日刊ゲンダイDIGITAL))


    アセチルサリチル酸 (アスピリンからのリダイレクト)
    べき医薬品。ドイツのバイエル社が名付けた商標名のアスピリン(独: Aspirin)がよく知られ、日本薬局方ではアスピリンが正式名称になっている。 消炎・解熱・鎮痛作用や抗血小板作用を持つ。サリチル酸を無水酢酸によりアセチル化して得られる。 アスピリンは、関節炎、痛風、腎結石、尿路結石、片頭痛、さら
    27キロバイト (3,242 語) - 2019年11月24日 (日) 07:45



    (出典 dm-net.co.jp)



    【糖尿病女性は42%も発症抑制 低用量アスピリンの認知症予防効果は本物か】の続きを読む

    このページのトップヘ