ブラックチャックの病レポート

『ブラックチャックの病レポート』はまとめブログです。 世の中の病気にまつわる話や自分のかかった病気の体験談などを画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

    カテゴリ: 薬の話

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『肩こり 腰痛』についてTwitterの反応


    肩こり(かたこり 肩凝り)とは症候名のひとつ。肩だけでなく、首も凝ることが多い。「肩が張る」とも言う。主に僧帽筋に起こる症状。厚生労働省による国民生活基礎調査(2015年度)における有訴者率で男の2位、女の1位を占める症状である(男の1位、女の2位は共に腰痛)。
    8キロバイト (1,259 語) - 2019年11月12日 (火) 10:07



    (出典 kenko100.jp)



    【肩こりや腰痛に効くのはこれ、外科医がおすすめする市販薬】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    医者が選ぶ市販のかぜ薬は? 余分な成分ないものが高評価


    医者が選ぶ市販のかぜ薬は? 余分な成分ないものが高評価 医者が選ぶ市販のかぜ薬は? 余分な成分ないものが高評価
    普段でさえウンザリしてしまう、病院の長~い待ち時間。それが年末年始の休診前となれば、待合室は患者であふれ返るのが常だ。やっと診察が終わったと思ったら、今度は調剤薬局や院内薬局に長蛇の列ができる。「暮…
    (出典:ライフ総合(NEWS ポストセブン))


    風邪薬を与えてはならないとしている(Should not be used, エビデンスレベルB)。 風邪というのは、特にを飲んだりしなくても自然治癒するものであり、総合感冒風邪薬)というのは、あくまでも不快な症状を軽減する対症療法にすぎないため、を飲んだとしても十分休養すること。
    16キロバイト (2,558 語) - 2019年11月30日 (土) 01:37



    (出典 www.dekarin.com)



    【医者が選ぶ市販のかぜ薬は? 余分な成分ないものが高評価】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    睡眠薬、知っておきたい市販薬と処方薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座


    睡眠薬、知っておきたい市販薬と処方薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座 睡眠薬、知っておきたい市販薬と処方薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座
    …処方薬「睡眠薬・睡眠導入剤」は中枢神経に作用する眠れない人が増えています。とりあえず市販薬で何とかならないかとドラッグストアへ出かける人も多いでしょう…
    (出典:ヘルス(サライ.jp))


    睡眠薬(すいみんやく、Hypnotic、Soporific、Sleeping pill)とは、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物である。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用がある。眠剤、睡眠導入剤、催眠薬とも呼ばれる。多くは国際条約上、乱用の危険性のある薬物に該当する。
    65キロバイト (8,640 語) - 2019年11月4日 (月) 10:13



    (出典 sunao.clinic)



    【睡眠薬、知っておきたい市販薬と処方薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「気軽な睡眠薬の服用」のはずが“薬物中毒”へ…医師が警告する危険性


    「気軽な睡眠薬の服用」のはずが“薬物中毒”へ…医師が警告する危険性 「気軽な睡眠薬の服用」のはずが“薬物中毒”へ…医師が警告する危険性
    …ェイ・ドラッグ」と言われ、睡眠薬をきっかけに、うつ病に発展していくとも語る。本稿では、内海氏の著書『睡眠薬中毒』にて、睡眠薬の多量摂取が危険な結果をも…
    (出典:経済総合(PHP Online 衆知))


    睡眠薬(すいみんやく、Hypnotic、Soporific、Sleeping pill)とは、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物である。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用がある。眠剤、睡眠導入剤、催眠薬とも呼ばれる。多くは国際条約上、乱用の危険性のある薬物に該当する。
    65キロバイト (8,640 語) - 2019年11月4日 (月) 10:13



    (出典 kanshoku.org)



    【 「気軽な睡眠薬の服用」のはずが“薬物中毒”へ…医師が警告する危険性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    100人に1人が死亡!痛風薬「フェブリク」の恐ろしすぎる副作用


    100人に1人が死亡!痛風薬「フェブリク」の恐ろしすぎる副作用 100人に1人が死亡!痛風薬「フェブリク」の恐ろしすぎる副作用
    …ろが、この「身体に優しい」はずのフェブリクが、いま、「死を招く薬」として医療の世界で話題になっている。実はフェブリクは開発段階で「心血管系疾患の発現割…
    (出典:社会(FRIDAY))


    痛風(つうふう、gout)とは、尿酸が体内で析出して結晶ができることにより、関節炎などを来たす疾患である。背景には高尿酸血症などが存在する。 メディアを再生する この疾患の「痛風」という日本語名の由来には、幾つかの説が存在する。まず、痛みが起こる場所(発作の箇所)が、まるで風が吹くように足・膝・腰
    29キロバイト (4,597 語) - 2019年12月14日 (土) 13:15



    (出典 www.cocokarada.jp)



    【100人に1人が死亡!痛風薬「フェブリク」の恐ろしすぎる副作用】の続きを読む

    このページのトップヘ