30日午前8時30分ごろ、飛驒市宮川町戸谷の宮川で「川にうつ伏せ状態の人がいる」と近所の男性が119番した。駆け付けた消防隊員が発見して川から引き上げたが、搬送先の病院で死亡が確認された。死亡したのは郡上市高鷲町鮎立の無職、林三二(さんじ)さん(74)で、死因は溺死。

林さんはアユ釣りに出掛けた際に誤っておぼれたとみて原因を調べています。
見つかったのは、宮川にかかる中沢橋から170メートル下流にあり、川幅は50メートルほどで川の流れはふだんと同じだったそうです。
宮川は6月20日にアユ釣り解禁になったところでした。
ご冥福を祈り致します。


飛騨川(ひだがわ)は、木曽川水系の支流で一級河川。岐阜県北部から南部にかけて流れる。 飛騨山脈の乗鞍岳(標高3,026m)南麓に発し西流、岐阜県高山市久々野町で南流に転じる。御嶽山などから流れ出る多くの流れを集め、渓谷を成しながら美濃加茂市東部に至り、JR東海美濃川合駅付近で木曽川に注ぐ。流量が多いため、ダムや発電所が多い。
10キロバイト (1,032 語) - 2020年5月25日 (月) 12:02



(出典 blogimg.goo.ne.jp)