発見難しい鼻のがん 初期は片側の鼻づまり…蓄のう症など炎症続くなら早期受診を

 鼻の穴の奥には複雑な形をした空洞が広がり、吸い込んだ空気を温めて湿り気を与えたり、小さなごみを粘膜でとらえて排除したりしている。この部分にがんができることがある。患者は少ないものの、発見が難しく、注意が必要だ。

悪性腫瘍 (がんからのリダイレクト)
Grid がん治療の為の分散コンピューティング 国立がん研究センターHOME 日本癌学会 がん情報サイト Cancer Information Japan (米国国立がん研究所によるPDQの日本語版) がんの統計 (国立がん研究センターがん対策情報センター) がん情報サービス(国立がん研究センターがん対策情報センター)
84キロバイト (11,836 語) - 2020年1月1日 (水) 01:06



(出典 www.minamitohoku.or.jp)






🥶INUMAZINN🥵
@inum4zinn

発見難しい鼻のがん 初期は片側の鼻づまり…蓄のう症など炎症続くなら早期受診を https://t.co/GKJZigCmSB #Yahooニュースアプリ

2020-01-15 08:31:20

(出典 @inum4zinn)

例話悪退Ⅲ
@tatoebanaAkuMT3

【気づきにくい鼻のがん…喫煙や粉じん 原因に|yomiDr.】ここ最近、よく見かける飛行機雲?と思ったら#ケムトレイル らしく、これが鼻の癌の原因かも…?それにこの記事はC●A傘下?… https://t.co/nGdHdcS7Wm

2020-01-14 21:28:13

(出典 @tatoebanaAkuMT3)