ブラックチャックの病レポート

『ブラックチャックの病レポート』はまとめブログです。 世の中の病気にまつわる話や自分のかかった病気の体験談などを画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新型肺炎の死者3人に 北京市と広東省でも感染確認

    「新型コロナウイルス」による肺炎で、武漢市で新たに136人と北京市などでも3人の発症が確認されました。感染者はこれで201人になりました。

     武漢市の衛生当局は20日、新型コロナウイルスによる肺炎について新たに136人の発症を確認したと発表しました。

    感染性肺炎は細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、真菌性肺炎に分けられる。一般に感冒・上気道炎後の続発性肺炎は細菌性肺炎であるが、時にウイルスそのものによる肺炎・間質性肺炎をきたすことがある。インフルエンザウイルス肺炎、麻疹肺炎など。病原体が原因ではない非感染性の肺炎にはアレルギー性の過敏性肺炎がある。
    29キロバイト (3,655 語) - 2019年9月22日 (日) 15:12



    (出典 earthreview.net)



    【新型肺炎の死者3人に 北京市と広東省でも感染確認】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【医師に聞く】鼻づまりは副鼻腔炎(ふくびくうえん)のサインかも?そのまま放置したらどうなる?

    鼻の穴の周りには、「副鼻腔」と呼ばれる別の空洞があるとのこと。そして、この部分の炎症を「副鼻腔炎」というそうです。いったい、どのような症状をもたらす病気なのでしょうか。そして、治療をしないと、どうなってしまうのでしょうか。

    【医師に聞く】鼻づまりは副鼻腔炎(ふくびくうえん)のサインかも?そのまま放置したらどうなる? 【医師に聞く】鼻づまりは副鼻腔炎(ふくびくうえん)のサインかも?そのまま放置したらどうなる?
    …難病指定を受けた「好酸球性副鼻腔炎」に注目が集まっているようです。編集部:好酸球性副鼻腔炎とは?浅井先生:好酸球性副鼻腔炎とは、「アスピリンぜんそく」…
    (出典:ヘルス(Medical DOC))


    副鼻腔炎(ふくびくうえん、Sinusitis)は、副鼻腔に炎症がおきる病気。慢性の副鼻腔炎の俗称は蓄膿症(ちくのうしょう)。症状が4週未満の場合は急性副鼻腔炎(ARS)、12週以上続く場合は慢性副鼻腔炎(CRS)と定義される。 原因には感染症、アレルギー、大気汚染、鼻の構造的問題などがある。大部分
    13キロバイト (1,653 語) - 2019年12月26日 (木) 19:19



    (出典 www.natume-jibika.com)



    【【医師に聞く】鼻づまりは副鼻腔炎(ふくびくうえん)のサインかも?そのまま放置したらどうなる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    新型肺炎患者62人に 新たに17人 中国・武漢


    感染性肺炎は細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、真菌性肺炎に分けられる。一般に感冒・上気道炎後の続発性肺炎は細菌性肺炎であるが、時にウイルスそのものによる肺炎・間質性肺炎をきたすことがある。インフルエンザウイルス肺炎、麻疹肺炎など。病原体が原因ではない非感染性の肺炎にはアレルギー性の過敏性肺炎がある。
    29キロバイト (3,655 語) - 2019年9月22日 (日) 15:12



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    【新型肺炎患者62人に 新たに17人 中国・武漢】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    目の脇から脂肪が出て…眼窩脂肪ヘルニアってどんな病気? 専門医が解説

     新年早々、右目の手術を受けたことを公表した俳優の坂上忍(52)。不調が表れたのは4年前で、「突然、右目の脇から脂肪がニョキニョキと出てきました」という。

     その後、点眼で対処したが、再び発症。今年初めに手術に踏み切った。

     正式な病名が公表されていないため詳細は不明だが、同年代にとっては気がかりなはず。どんな病気が考えられるのか? 

    目の脇から脂肪が出て…眼窩脂肪ヘルニアってどんな病気? 専門医が解説 目の脇から脂肪が出て…眼窩脂肪ヘルニアってどんな病気? 専門医が解説
    …坂上の右目の病気が眼窩脂肪ヘルニアだとすると、坂上が患ったのは結膜下の眼窩脂肪ヘルニアであるかもしれない。「ちなみに眼窩脂肪ヘルニアの主な原因は加齢で…
    (出典:ヘルス(日刊ゲンダイDIGITAL))



    (出典 www.arita-ganka.jp)



    【目の脇から脂肪が出て…眼窩脂肪ヘルニアってどんな病気? 専門医が解説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本人の死因に「肺炎」が増えている…がんや心臓病より恐ろしい実態

    厚生労働省が'18年に公表した「人口動態統計月報年計」によると、いま、日本では13人に1人が肺炎で亡くなっているという。

    肺炎は日本人にとってがん、心臓病、脳の病気に次ぐ身近な死因のひとつだが、実は「がんで入院していたのに、最後は肺炎で亡くなった」「心臓の治療を受けている最中に、結局肺炎で死んでしまった」という人は少なくない。

    大病を患っていた人が、その病が原因ではなく、最後は肺炎で亡くなってしまうのは一体なぜか。


    感染性肺炎は細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、真菌性肺炎に分けられる。一般に感冒・上気道炎後の続発性肺炎は細菌性肺炎であるが、時にウイルスそのものによる肺炎・間質性肺炎をきたすことがある。インフルエンザウイルス肺炎、麻疹肺炎など。病原体が原因ではない非感染性の肺炎にはアレルギー性の過敏性肺炎がある。
    29キロバイト (3,655 語) - 2019年9月22日 (日) 15:12



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    【日本人の死因に「肺炎」が増えている…がんや心臓病より恐ろしい実態】の続きを読む

    このページのトップヘ