ブラックチャックの病レポート

『ブラックチャックの病レポート』はまとめブログです。 世の中の病気にまつわる話や自分のかかった病気の体験談などを画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ノロ感染と誤解 我慢してはダメな危険な下痢・吐き気

    ノロウイルスをはじめとしたウイルスの感染によって起こるウイルス性胃腸炎。吐き気や腹痛に加え、激しい下痢が起こるが、放っておいても自然に治る病気なのであわてることはない(前回記事「ノロに感染? 急な下痢、受診の見極め方と対処法」参照)。しかしときには、ウイルス性胃腸炎とは似て非なる病気ということもある。前回に続き、感染症に詳しい総合診療医・感染症医の岸田直樹さんに、放置してはいけない「危険な下痢・吐き気・腹痛」を聞いた。

    ノロ感染と誤解 我慢してはダメな危険な下痢・吐き気 ノロ感染と誤解 我慢してはダメな危険な下痢・吐き気
    …ノロウイルスをはじめとしたウイルスの感染によって起こるウイルス性胃腸炎。吐き気や腹痛に加え、激しい下痢が起こるが、放っておいても自然に治る病気なのであ…
    (出典:ヘルス(NIKKEI STYLE))


    ノロウイルス(Norovirus)は、ウイルス性胃腸炎を引き起こすウイルスの一属である。感染者の糞便や吐瀉物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染するほか、河川を経由して蓄積された貝類の摂食による食中毒の原因になる場合もある。ノロウイルス
    44キロバイト (6,431 語) - 2020年1月4日 (土) 15:59



    (出典 senbei-assets-production.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    【ノロ感染と誤解 我慢してはダメな危険な下痢・吐き気】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「睡眠薬」怖すぎる副作用!依存症、禁断症状、がん発症リスクも

    睡眠薬を飲み続けても、不眠症状が根本的に回復することはなく、「飲まないと寝られない」という悪循環に陥るだけなのだ。そうした依存症以外にも、脳に働きかける睡眠薬には副作用がいくつもある。薬剤師で医薬情報研究所エス・アイ・シー取締役の堀美智子氏が解説する。

    「睡眠薬」怖すぎる副作用!依存症、禁断症状、がん発症リスクも 「睡眠薬」怖すぎる副作用!依存症、禁断症状、がん発症リスクも
    …、脳に働きかける睡眠薬には副作用がいくつもある。薬剤師で医薬情報研究所エス・アイ・シー取締役の堀美智子氏が解説する。「当たり前の副作用は、朝に目が覚め…
    (出典:エンタメ総合(FRIDAY))


    睡眠薬(すいみんやく、Hypnotic、Soporific、Sleeping pill)とは、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物である。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用がある。眠剤、睡眠導入剤、催眠薬とも呼ばれる。多くは国際条約上、乱用の危険性のある薬物に該当する。
    65キロバイト (8,640 語) - 2019年11月4日 (月) 10:13



    (出典 mentalsupli.com)



    【「睡眠薬」怖すぎる副作用!依存症、禁断症状、がん発症リスクも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    脳梗塞、認知症を遠ざける最強ビタミン「葉酸」のヒミツ

    香川副学長は、著書『あなたの健康寿命は「葉酸」でのばせる』(ワニ・プラス)の中で、葉酸は動脈硬化、脳梗塞心筋梗塞、腎不全など、さまざまな疾患の予防あるいは罹患リスクを減らすのに効果的だと述べている。
    そう言われても初耳の人が多いかもしれない。そこで今回は、地味に見えて実はすごい葉酸の秘密を、本書をもとに紹介したい。

    folium と呼ばれることから葉酸 (folic acid) と名付けられた。葉酸は体内で還元を受け、ジヒドロ葉酸を経てテトラヒドロ葉酸に変換された後に補酵素としてはたらく。 テトラヒドロ葉酸は、ホルミル基 (−CHO)、ホルムイミノ基 (−CH2NH-)、メチレン基
    30キロバイト (4,163 語) - 2019年7月29日 (月) 22:20



    (出典 askul.c.yimg.jp)



    【脳梗塞、認知症を遠ざける最強ビタミン「葉酸」のヒミツ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    そのうっかりミス、実は…高齢者だけじゃない「新型認知症」の正体

     脳の障害によって、記憶力や判断力、注意力などが衰える認知症。これと似た症状の背景に、うつ病が潜んでいる場合が少なくありません。うつによる認知機能の低下は、「新型認知症」と呼ばれることもあります。1月10日放送の深層ニュースでは、東京医科歯科大の朝田隆特任教授と脳神経外科医の工藤千秋さんが、一見よくある“うっかりミス”に紛れた新型認知症の症状や、新型認知症になりやすい人のタイプなどについて解説しました。

    そのうっかりミス、実は…高齢者だけじゃない「新型認知症」の正体 そのうっかりミス、実は…高齢者だけじゃない「新型認知症」の正体
    …外科医の工藤千秋さんが、一見よくある“うっかりミス”に紛れた新型認知症の症状や、新型認知症になりやすい人のタイプなどについて解説しました。(司会・右松…
    (出典:科学(読売新聞(ヨミドクター)))


    認知症(にんちしょう、英: Dementia、独: Demenz)は認知障害の一種であり、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態である。認知症は犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶
    83キロバイト (12,504 語) - 2019年12月18日 (水) 13:27



    (出典 image.yomidr.yomiuri.co.jp)



    【そのうっかりミス、実は…高齢者だけじゃない「新型認知症」の正体】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    靴下はいたまま就寝はNG? 冷えて寝つきが悪い時の解消法

    体の冷えやすさには、理由がいくつかあります。具体的には、①筋肉量が少ない=体内で熱をつくれない②自律神経のバランスが乱れている=つくられた熱が全身に届かない③汗をかきにくい=体内に水分がたまることで体が冷える。このような人は、特に冬は体のほとんどの部分で冷えを感じる場合が多く、不眠で悩むこともあります。

    冷え性(ひえしょう)または、冷え症は、特に手や足の先などの四肢末端あるいは上腕部、大腿部などが温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態のことである。しかし、病態として統一的な定義は確立していないため、西洋医学的には漠然とした概念として捉えられている。 血行障害(Poor blood
    15キロバイト (2,292 語) - 2019年5月29日 (水) 04:52



    (出典 img.ananweb.jp)



    【靴下はいたまま就寝はNG? 冷えて寝つきが悪い時の解消法】の続きを読む

    このページのトップヘ